BIツール

この言葉に出会ったのは2010年の春。勤めていた会社の基幹システムが入れ替わるときのことです。
システム会社(SIer)のエンジニアたちが教えてくれました。

BIというのは「ビジネス・インテリジェンス」のこと。何やら格好の良い響きです。
その中で私が聞いた製品名は次のふたつです。

DATA Nature(データネイチャー)
DATA Spider(データスパイダー)

システム内のデータを、様々な切り口で抽出・集計して図表を作成できます。
多種多様な資料作りで事業の判断に貢献するハイテク製品です。

……と、シンプルに書いてしまいましたが、「組織内のデータを自分の感覚で取り出す」ということは、思いついても実行するのは至難の業で、そこにスポットを当てた製品を考え出せるセンスは素晴らしいと思います。

これらBIツールの製品説明はコンセプトが明快ですし、無限の可能性を想像させるもので、とてもワクワクします。

実は上記の2製品を知る以前に、そのワクワクにつられてDR.Sum(ドクターサム)というBIに興味を持ち、調べたことがあります。
かなり熱心に情報収集したあげく、4万円の私費を払って講習会に参加しました。

私服参加は私ひとりだったので、他の受講者はみな会社の業務として来ていたのでしょう。
正統的なシステム系担当者の中に、パワーユーザー(http://dbmschool.net/poweruser/)が紛れ込んだ状態です。

そして体験版を動かした私は、ショックを受けました。

体験版用の簡易なデータを使っていることを差し引いても、広がりがなさすぎる。
私が見たいデータ抽出プロセスはこういったものではない。
自分がイメージするデータベース活用とはかけ離れている。

それどころかむしろ、データベースの力をスポイルするとこうなる、という見本のように思えました。