BIツール権限を与えるな

この言葉に出会ったのは2010年の春。勤めていた会社の基幹システム入れ替えの時でした。
システム会社(SIer)のエンジニアたちが教えてくれました。

BIというのは「ビジネス・インテリジェンス」のこと。何やら格好の良い響きです。
その中で私が聞いた製品名は次のふたつです。

DATA Nature(データネイチャー)
DATA Spider(データスパイダー)

システム内のデータを様々な切り口で抽出・集計し、多種多様な資料作りに貢献するハイテク製品です。

「組織内のデータを自分の感覚で取り出す」ということは、思いつけても実行実に困難で、それを実現する製品を考え出せるセンスは素晴らしいと思います。

これらBIツールの製品説明はコンセプトが明快ですし、無限の可能性を想像させるもので、呼んでいるとワクワクします。

実は上記2製品を知る以前に、DR.Sum(ドクターサム)というシステムに興味を持ち、調べるだけでは飽き足らず、自腹で講習を受けたことがあります(参加費4万円は痛かった)。

そして、実際に動かしてみた私は、ショックを受けました。

体験版用の簡易なデータだけの操作とはいえ、私のデータ活用のイメージとはかけ離れていて、これでは話にならない。

それどころか、データベースの力をスポイルするとこうなる、という見本のように思えました。

データネイチャーやデータスパイダーも同じでした。
抽出の手軽さとグラフ等のビジュアル面が強調されますが、それ目的でデータを扱いたいわけではありません。

これだったら、サーバから生データをもらって機能は自前で作ったほうが、その過程で業務自体の改善できて役に立つと思いました。

私が社を離れた後も、私が企画した野暮ったい自前ツールが利用され続けたことを考えると、データベースも料理と同じく美々しく加工されるより、“素材の味”を感じられる調理法のほうが、普段の食卓(通常の業務現場)には合うのかもしれません。

後にその会社のシステムエンジニアに訊ねたところ、データネイチャーは使いづらいので起動もせず、一般ユーザーたちはツールを使うイメージが湧かないから、やはり起動したことがないと言います。

はっきり言ってBIツールは「あったら便利そう」という理由で、用途は曖昧なまま購入決定することがほとんどではないでしょうか。少なくとも私のいた会社ではそうでした。
せっかく購入しても、その投資効率は極めて低いもの(というかゼロ)になっていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする