第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

システムエンジニアなどのIT技術者は、ユーザーリクエストに応じて情報の渦の中に手を突っ込み、調合して望みのものを現実世界に引っ張り出す魔法使い(またはドラえもん)みたいな能力を持っています。

(魔法は常に実用。
自己満足や鑑賞目的なら無用)

すごい人達ですが、引っ張り出されたアイテムを使うのは、リクエストしたユーザー自身です。

しかし、ユーザーは表層的(一義的)な機能だけに満足し、機能を深掘り(拡張又は飛躍)しようとしないことが多い。

「ここにこのデータを出せるなら、こっちの値と組み合わせて他所との共有ツールに出来るんじゃないかな」

といった具合に発想を広げることが、付加価値を生む可能性はもちろんありますが、それはあまり期待できません。

なぜなら、ほとんどのユーザーはリクエストした機能さえあればよく、中身はブラックボックスでも構わないからです。

しかし、これではあまりにももったいない。

「何から作られているか知らなくたって、道具は使えればいいじゃないか」
という考え方もあります。

もちろんそのとおりで、我々は原材料不明なまま多くのものを使いこなしています。

初回オーダーメイドは高額で予算を通せ。
次から楽に稟議が通るからな(ククク…)

汎用の無機質な成形品ならそれで問題ないかもしれません。

一方、社のシステムは、自社内リソースを丹念に掘り起こしたオーダーメイド品です。

これまで業務に携わった多数の人々の経験知が詰まっているものですから、どこにどんな有用なパフォーマンスが隠れているかわかりません。

なのに、その構成に関心を持とうともしないメンタリティでは、到底使いこなせるとは思えません。

そして、要求者が使いこなせない道具のために垂れ流される、技術者の時間と労力(他所から購入した場合は代金分の現金流出)……。

経営者からすれば「投資効果の薄い物のために、エンジニアに無駄働きをさせるな」とでも言いたくなるでしょう。

次ページ「課題『技術的難易度』に『政治的難易度』が加わる」

【データベースのトリセツ 目次】

<部下が手ごわくて困る上司>

 戦場に立とう、部下と共に

引き算で不利条件をつぶせ

BIツール権限を与えるな

パワーユーザーとは

「戦略的パワーユーザー」一覧

<部下が役立たずで困る上司>

部下扱いのセンスは学歴不問

なぜあなたの部下は、要領の悪い質問をしてくるのか?

部下の教育が「とにかく結果を出せ!」だけだった場合

システム化が、上司が嫌われる原因を生み出す

<部下とわかり合いたい上司>

DB活用は文系センス

社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

部下の『行動記録』は、上司にわかってほしい『感情記録』

部下のデータを読む訓練のコツ

<部下が型破りで戸惑う上司>

「即戦力」は歯車ってことか?

第1幕:会計事務所からやってきた、会計を知らないスペシャリスト

第2幕:乱世に乗じるスペシャリスト

第3幕:経営者に感情移入するスペシャリスト

第4幕:オールマイティなスペシャリスト

第5幕:殻を破れ!スペシャリスト

<部下の戦略性に戸惑う上司>

ストラテジック・パワーユーザー ~ 戦略家で、且つ戦闘の達人

第1回 まずは定義しないと

第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

第3回 データベースでホワイト企業を作るなら

第4回 戦略的パワーユーザーは『DBで組織を造る者』

第5回 ストラテジック・パワーユーザー

<悩む上司への1つの処方箋>

パーティーメンバーを魅了する組織理論

給与制度を使うワザ

部下の成長カーブ

評価力は上司力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする