部下のデータを読む訓練のコツ

英語を学んでも上達しない最大の理由は、体験に基づく自信が得づらいからではないでしょうか。

視覚や聴覚の鍛錬だけでは経験値の積み上がりが実感できず、埋まらない期待値とのギャップに、早々に降参してしまうのが原因だと思います。

ところが、発音する体験を積むことで「英語学習」という関門を、割とあっさり通過する人がいます。

近年このスタイルで学ぶ人も増えてはいますが、まだまだ少数派でしょう。
コツは、得意な発音を一つ持つことから初めて、それに近い発音から徐々に制覇していくことだそうです。

自分が発音できる音は、聞き取ることもできる。
声に出した言葉は「習得済み」だからです。

努力なしに経験が積み上がるので、英語学習のハードルを下げます。
発音に自信が持てるから、スペルを見るとつい声に出してみたくなり、体験速度も早くなります。

私の小説「手のひらのDB」とは切っても切れない手相も、習得の要領は同じです。
(この小説は【法人】という初対面の依頼人に対し、その場でDBを読み取ってコンサルティングしていくコミュニケーションを、主人公の思考過程と依頼人のリアクションだけで表現した作品です)

失業中で生活に困っている「あなた」は、ある日ハローワークから怪しげな依頼を受けます。『地下4階特別室デ【法人】ナル存在ノ相談ニ乗ルコト。尚、ソノ部屋デノ会話・行為等、一切ノ出来事ハ口外厳禁』危険を感じながらも生活苦のためその依頼を引き受けた

初めのうちは手のひらを見ても、ゴチャゴチャした線が一杯で見るべきポイントが絞れない。
絞ってはみても解釈が合っているのか自信が持てない。
いざ解釈してしゃべってみたら、全然あたっていない。
そして早い段階で挫折してしまう。
それは、一度に全体を見て対処しようとするからです。

鑑定の実力は大概、線の解釈とトーク力の総和で決まることが多い。
そこで、理解している線の数が少ないうちは、得意な部分のトーク展開のバリエーションを増やします。

そうやって局所的な徹底強化を図り、とにかくコミュニケーションを成功させた実績を積むほうが習得の早道なのです(ちなみに、「トーク力」とは「トーク量」ではありません)。

生命線だけとか、恋愛と結婚に関係する線とか、まずはひとつの見方をメインにして得意技を持ち、それだけに集中して見ているうちに、周りの線の見分けがつくようになる。

初心者はそういう練習を積めるパターンを見つけ、最初にそれを実践することで、手相鑑定は上達するはずです。

同じように、部下の行動記録(感情記録)を読み解くIT素人ならではの術は、確実にあります。
パッと見ただけではポイントが絞れないデータの塊も、ここまで例を挙げた英語や手相のように、ひとつだけ得意な活用術を習得し、その繰り返しで上達することができます。

部下との関係の良し悪しが、組織に影響する度合いが大きくなり、それが創造性や生産性に直結するようになれば万々歳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする