パーティーメンバーを魅了する組織理論

【痛い人間関係の解決へ】 (働き手を魅了する組織)

世界観のアピールで顧客獲得に成功している企業はたくさんあります。
意図的か無意識かはともかく、世界観の作り方と見せ方がカギを握るのでしょう。

しかし、世界観で人を魅了する技術は、外向き(顧客向き)だけでしょうか?
良い社員を確保することは、良い顧客を獲得することに通じると思います。

ところで、ゲームをすることを不真面目だと決めつける人は、もはや少ないと思いますが、ゲーム性を持った会社運営をする経営者は、まださほど多くないと思います。

しかし『ゲーム世界への参加』を促す「顧客獲得と維持」「社員獲得と維持」は、どちらも同じ考え方で実現できないでしょうか?

もしも、ゲームをしてお金をもらえるなら・・
たくさんお金をもらうために、プレイヤーレベルを上げたい・・
プレイレベルと社内での地位は、どういう評価で決まっているのか・・?

こういったことを上司との会話で語り合えるなら・・
私だってそんな会社に勤めてみたいです。

働いている人にとっては、いつだって興味津々な「給与」。 未来の自分とお金の姿をイメージする手引書は『預金通帳』と『給与明細』 従業員のモ...
成長カーブ(グロースカーブ)は、経済動向や事業ライフサイクルの傾向をつかむ指標として、よく使われます。 導入期、成長期、成熟期、衰退期の4...
原稿は現在推敲中。今後展開してゆきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする