部下の成長カーブ

成長カーブ(グロースカーブ)は、経済動向や事業ライフサイクルの傾向をつかむ指標として、よく使われます。

導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分かれますが、ビジネス上は導入~成熟期までの動きが重要になります。

これを個人に当てはめて、新人が入社してからの成長を、グロースカーブで表現するとします。

同じように「導入期」「成長期」「成熟期」までを考慮するとした場合、特に注視するのは導入期と成長期ではないでしょうか。

一人の社員がある程度の期間にわたって勤めていくなかで、ずっと同じステージに立つことはなく、「新人」から「中堅」にステップアップし、やがて「責任者」や「教育者」になるという具合に、働きに応じて立つステージは変わっていきます。

つまり、成長カーブは1本のラインで表すものではなく、数本必要ということになります。

では何本が適当か?

事業は戦略と戦術で行われます。
そして、戦略はそのまま戦術に落とし込めるものでもなく、その橋渡しをする「戦略展開」の存在が不可欠です。

そこでこの「戦略展開」を『仕組』とし、戦略-仕組-戦術の3つに分けるものとします。
社員の成長の順番でいえば、(1)戦術、(2)仕組、(3)戦略となります。

3つの成長カーブを、それぞれどのように扱って部下を育成していくか?
その点を詳細に解説してきましょう。

経営者と社員が、互いに無理な背伸びをせず、現実的な関係づくりを目指すことは、前回書いた「長く愛顧してくれるファンのような社員」を作るために必...
前回最後に紹介した「5プロセス表」をご覧ください。 ⇒5プロセス表を別画面で開きたい方はこちらからどうぞ この表は、社員の成...
部下育成の3ステージ5プロセスの解説をスタートしましたが、前回の「①経験」はいかがでしたでしょうか? ちなみに、この「①経験」...
戦術ステージの第1段階は早いところクリアしないと「できない奴レッテル」を貼られ、後々不利な場合があることはお分かりいただけたかと思います。 ...
この「②経験知識」の頃になると、なんだか1人前になれたような錯覚を起こしがちです。 「期待以上の早さで作業を終わらせた。ミスもほとんどなか...
本論に入る前に、「知識」と「知性」の意味について少しだけ解説します。 英語にすると知識はknowledge、知性はintellectです。...
段階2(経験知識)までに培った個別作業の実力に加え、段階3の前半で広い視野を手に入れると、役名は「サブリーダー」に格上げされます。 戦術を...
歴戦の強者の力は、専門分野で存分に発揮させるのが一番ですが、ある部署でサブリーダーやスペシャリストをしている人が、異動で別部署のサブリーダー...
段階1~3のプロセスにおいて「繰返し作業の徹底」を経験し、まずは自分自身が作業に習熟。 その後「作業マニュアルの整備」でチームメンバーの効...
「戦略とは見えざるもの」といいます。 この領域を担当する人は、その活躍が人目につかず、手柄を上げたのは結果を出した戦術担当者という形になる...
参謀(スタッフ)を「企画職」として考えてみます。 これまでの解説の中で“企画的役割”としては、 業務を仕組化する「サブリーダー」とチーム...
チーム力を高めることが上手なマネージャーは、早くからその能力を認められて複数チームを任されることがあるでしょう。 しかし、それだけではまだ...
入社したての新人から、経営者の片腕と呼べる域に達するまでを、「部下育成の3ステージ5プロセス」と銘を打ち、段階を追って説明してきました。 ...
以上、戦略と戦術を底流に、成長のための評価基準を、「成長の3ステージ5プロセス」という形で表し、人材の評価・育成面のことを語ってきました。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする