BIツール権限を与えるな

この言葉に出会ったのは2010年の春。勤めていた会社の基幹システム入れ替えの時でした。
システム会社(SIer)のエンジニアたちが教えてくれました。

BIというのは「ビジネス・インテリジェンス」のこと。何やら格好の良い響きです。
その中で私が聞いた製品名は次のふたつです。

DATA Nature(データネイチャー)
DATA Spider(データスパイダー)

システム内のデータを様々な切り口で抽出・集計し、多種多様な資料作りに貢献するハイテク製品です。

「組織内のデータを自分の感覚で取り出す」ということは、思いつけても実行は実に困難で、それを実現する製品を考え出せるセンスは素晴らしいと思います。

これらBIツールの製品説明はコンセプトが明快。無限の可能性を感じ、ワクワクします。

(未来の可能性に没入する一瞬
経営者のビジョンに近づく)

実は上記2製品を知る以前に、DR.Sum(ドクターサム)というシステムに興味を持ち、調べるだけでは飽き足らず、自腹で講習を受けたことがあります(参加費4万円は痛かった)。

そして、実際に動かしてみた私は、ショックを受けました。

体験版用の簡易なデータだけの操作とはいえ、私のデータ活用のイメージとはかけ離れていて、これでは話にならない。

それどころか、データベースの力をスポイルするとこうなる、という見本のように思えました。

(パワーユーザーのつぶやき
~ 安いリザルトは高コスト

高いプロセスは低コスト)

データネイチャーやデータスパイダーも同じでした。
抽出の手軽さとグラフ等のビジュアル面が強調されますが、それ目的でデータを扱いたいわけではありません。

これだったら、サーバから生データだけをもらい、機能は自前で作ったほうが、その過程で業務自体の改善もできて役に立つと思いました。

私が社を離れた後も、その主旨で作っておいた野暮ったい自前ツール使用が続いたことから考えると、データベースも料理と同じく美々しく加工されるより、“素材の味”を感じられる調理法のほうが、普段の食卓(通常の業務現場)には合うのかもしれません。

後にその会社のシステムエンジニアに訊ねたところ、データネイチャーは使いづらいので起動もせず、一般ユーザーたちはツールを使うイメージが湧かないから、やはり起動したことがないと言います。

はっきり言ってBIツールは「あったら便利そう」という理由で、用途は曖昧なまま購入決定することがほとんどではないでしょうか。

少なくとも私のいた会社ではそうでした。
せっかく購入しても、その投資効率は極めて低いもの(というかゼロ)になっていました。

次ページ「BIツールを使う準備をする能力の有無」

【データベースのトリセツ 目次】

<部下が手ごわくて困る上司>

 戦場に立とう、部下と共に

引き算で不利条件をつぶせ

BIツール権限を与えるな

パワーユーザーとは

「戦略的パワーユーザー」一覧

<部下が役立たずで困る上司>

部下扱いのセンスは学歴不問

なぜあなたの部下は、要領の悪い質問をしてくるのか?

部下の教育が「とにかく結果を出せ!」だけだった場合

システム化が、上司が嫌われる原因を生み出す

<部下とわかり合いたい上司>

DB活用は文系センス

社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

部下の『行動記録』は、上司にわかってほしい『感情記録』

部下のデータを読む訓練のコツ

<部下が型破りで戸惑う上司>

「即戦力」は歯車ってことか?

第1幕:会計事務所からやってきた、会計を知らないスペシャリスト

第2幕:乱世に乗じるスペシャリスト

第3幕:経営者に感情移入するスペシャリスト

第4幕:オールマイティなスペシャリスト

第5幕:殻を破れ!スペシャリスト

<部下の戦略性に戸惑う上司>

ストラテジック・パワーユーザー ~ 戦略家で、且つ戦闘の達人

第1回 まずは定義しないと

第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

第3回 データベースでホワイト企業を作るなら

第4回 戦略的パワーユーザーは『DBで組織を造る者』

第5回 ストラテジック・パワーユーザー

<悩む上司への1つの処方箋>

パーティーメンバーを魅了する組織理論

給与制度を使うワザ

部下の成長カーブ

評価力は上司力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする