社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

データベース(以下「DB」)活用と、部下との関係を良くすることに関係があるのか?

私が主張する「DBを使いこなす方法」とはデータをコミュニケーションツール化することですので、切っても切れない関係です。

(動かし方には詳しいが
動かしている現場のことは
まったく専門外なのが技術者)

DBと言えば一般的に、システムエンジニアやシステムアナリストと呼ばれる、いわゆるITのスペシャリストの領域だと思われがちです。

でも私は、それらITスペシャリストには、DB活用のセンスを持つ人はほぼいないと思っています。

といってもディスっているわけではなく、担当領域が違うから当然なことなのです。

DBを“扱う”のは理系センスを持つITスペシャリストであることは間違いないと思います。

一方、DBを“活用する”のは我々のようなIT素人で、能力属性で言えば絶対的に文系センスだと考えています。

文系で、決してITに詳しいとは言えない上司が行うDB活用方法とは「部下のデータを素にして対話をする」ということです。
ただそれだけのことですが、効果は抜群。

・現在抱えている問題の解決
・将来起きる問題の未然防止
・気づかなかった挑戦テーマと、取り組み方の発見

など、部下を多角的に理解できると共に、これからの筋書きも明確になり、部下のストーリーのどこであなたが登場し、部下を手助けしていくかの予測が可能になってきます。

しかもこれは、個人/組織、どちらにも対応できるので、あなたが話す相手がチームリーダーだったとすれば、リーダー自身に施すことも、リーダーが率いているチーム全体にも施すことができます。

コミュニケーション用に利用するデータベースは、難解なIT技術を要しないということを、まずは知って欲しいと思います。

(データベースで包容力を得るプログラムは
IT技術者には組めない)

相談業においては、接した相手の心に魅力的な印象を残し、多くのファンを獲得できた人が顕著な業績を残しますので、資格や技術よりも『活かし方』を心得た人が成功するのは当然と言えます。

結局のところ、ビジネス現場においては、『対人接触力』と『実務力』が掛け合わさったものが生産性の源泉となります。

あなたには是非、この公式を最小限の努力で身に付け、あたかもカリスマ相談業のようなポジションを、社内で得て頂きたいと思います。

ちなみに、“相談”という言葉を分解すると、「相」の語源は「事物の姿を見る」ということのようなので、相談とは「見えている姿について語り合う」ことになります。

(相談への対応は
自分の人格だけに頼らなくてよい。
適度にアイテム(DB)を使うべし)

これならかしこまる必要はなく、日常誰でもしているでしょう。

経営者や管理者は、部下に働いてもらって一定の成果を挙げる立場なので、“部下からの相談対応”を“社内相談業”と呼べるほどにクオリティを昇華させ、よき職場を築いていってもらいたいと願っています。

相談の受け方のパターンは無数にありますが、その中でも「人が一番関心を持つのは『自分自身のこと』である」という法則をメインにします。
相手の情報に基づいて、相手のことを二人で相談するというテーマに特化してみましょう。

【データベースのトリセツ 目次】

<部下が手ごわくて困る上司>

 戦場に立とう、部下と共に

引き算で不利条件をつぶせ

BIツール権限を与えるな

パワーユーザーとは

「戦略的パワーユーザー」一覧

<部下が役立たずで困る上司>

部下扱いのセンスは学歴不問

なぜあなたの部下は、要領の悪い質問をしてくるのか?

部下の教育が「とにかく結果を出せ!」だけだった場合

システム化が、上司が嫌われる原因を生み出す

<部下とわかり合いたい上司>

DB活用は文系センス

社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

部下の『行動記録』は、上司にわかってほしい『感情記録』

部下のデータを読む訓練のコツ

<部下が型破りで戸惑う上司>

「即戦力」は歯車ってことか?

第1幕:会計事務所からやってきた、会計を知らないスペシャリスト

第2幕:乱世に乗じるスペシャリスト

第3幕:経営者に感情移入するスペシャリスト

第4幕:オールマイティなスペシャリスト

第5幕:殻を破れ!スペシャリスト

<部下の戦略性に戸惑う上司>

ストラテジック・パワーユーザー ~ 戦略家で、且つ戦闘の達人

第1回 まずは定義しないと

第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

第3回 データベースでホワイト企業を作るなら

第4回 戦略的パワーユーザーは『DBで組織を造る者』

第5回 ストラテジック・パワーユーザー

<悩む上司への1つの処方箋>

パーティーメンバーを魅了する組織理論

給与制度を使うワザ

部下の成長カーブ

評価力は上司力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする