DB活用は文系センス

【症例3】部下の話の聴き方がわからない (やさしい上司タイプ)

「アナログは非効率である」という前提で誕生した各種の機器全盛により、仕事の性質は大いに変化してきました。

特に情報化社会到来後は、業務データの量が飛躍的に増大し、その収集・管理・計算の腕前が職務能力の一翼を成すまでになりました。

(技術を盾に取る部下には
「命令」より「説得」か?)

そんな社会全般の流れから、膨大な情報の倉庫(データベース)と接点を持つ場合、やはりIT精通者、プログラミング技術者など理数系に強い人材に分があるのか?

そして、理系部下との折り合いが悪くなった場合、文系上司は喉元をつかまれたようなものなのか?

イヤ、別に理系部下だけじゃない。文系部下との間にだって、ITに入り込まれた影響なのか、針のムシロみたいな空気が漂っている。

文系・理系両方の部下と上手くいかない自分には、この情報社会の中で、もはやなすすべはないのか?

(上司というポジションにいるだけなのに
やたらと追い詰められる気がする)

いいえ、違います。
なぜなら、データベースはあなたを嫌っていません。

敵対しているのは部下。人間です。
つまりはアナログです。

「感情」というアナログ部分が、あなたを認めず、あなたに反発しているのです。

(行動の裏には必ず感情がある)

そのアナログくんの業務上の行動・思考・言動の集積もデータベース。

つまりデータベースはアナログくんの行動記録なので、そこから感情を読み取ることもできますが、記録自体があなたを嫌っているわけではありません。

ちなみに、行動の記録から不特定多数の動きを予測するのはデータマイニングという、これも理数系の技術です。
しかし、特定部下の感情を読むのは、単なる機械的な計算ではない。

共に過ごした季節や時間、共に目にした成功やトラブル、認め合い・反目し合った過去の記憶の行間を読み、機微を察する作業には文系的能力こそ適しています。

繰り返しますが、データベースというのは行動記録です。人間のなにがしかの行動の集大成ですから、その中に必ず感情や人生そのものを包含しています。

難しいプログラムや複雑な機器操作は抜き。理系ではないことをむしろ強みにして、データベースに向き合っていきましょう。

データベース(以下「DB」)活用と、部下との関係を良くすることに関係があるのか? 私が主張する「DBを使いこなす方法」とはデータをコミ...
データに機能を持たせたり演算させたりすることはITエンジニアの仕事ですが、彼らが扱うデータそのものは、せんじ詰めれば個々人の行動記録のような...
英語を学んでも上達しない最大の理由は、体験に基づく自信が得づらいからではないでしょうか。 視覚や聴覚の鍛錬だけでは経験値の積み...

【データベースのトリセツ 目次】

<部下が手ごわくて困る上司>

 戦場に立とう、部下と共に

引き算で不利条件をつぶせ

BIツール権限を与えるな

パワーユーザーとは

「戦略的パワーユーザー」一覧

<部下が役立たずで困る上司>

部下扱いのセンスは学歴不問

なぜあなたの部下は、要領の悪い質問をしてくるのか?

部下の教育が「とにかく結果を出せ!」だけだった場合

システム化が、上司が嫌われる原因を生み出す

<部下とわかり合いたい上司>

DB活用は文系センス

社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

部下の『行動記録』は、上司にわかってほしい『感情記録』

部下のデータを読む訓練のコツ

<部下が型破りで戸惑う上司>

「即戦力」は歯車ってことか?

第1幕:会計事務所からやってきた、会計を知らないスペシャリスト

第2幕:乱世に乗じるスペシャリスト

第3幕:経営者に感情移入するスペシャリスト

第4幕:オールマイティなスペシャリスト

第5幕:殻を破れ!スペシャリスト

<部下の戦略性に戸惑う上司>

ストラテジック・パワーユーザー ~ 戦略家で、且つ戦闘の達人

第1回 まずは定義しないと

第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

第3回 データベースでホワイト企業を作るなら

第4回 戦略的パワーユーザーは『DBで組織を造る者』

第5回 ストラテジック・パワーユーザー

<悩む上司への1つの処方箋>

パーティーメンバーを魅了する組織理論

給与制度を使うワザ

部下の成長カーブ

評価力は上司力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする