第3回 <給与の栄養素~その効果・効能とは?>

「今後の給与制度をどう築いていくか?」
「誰にどう相談すればよいか。コンサルタントは本当に頼りになるのか?」
「自分一人で全体管理は大変。では社員の誰にやらせればよいか?」

ここは悩みどころです。

人事部など、専門組織に精鋭を擁している企業なら社員に任せられるとしても、そこまでの体制はまだ組めないという会社もたくさんあります。

そこで、思い切ってアプローチを変え、「食物と栄養」といった角度から給与というものを見てみましょう。

上白糖や食塩、白米や薄力粉など、精製され栄養素が削られた食材に偏ると、長い年月の間に身体のバランスを崩してしまうことがあります。

それと同じように、社員の働く糧である「給与」の制度を、決まりだからと安直に押し通すと、カネ(カロリー)だけは与えるが働き甲斐や活力(栄養素)は提供しないまま年月が経過し、栄養失調に陥ることがあります。

その緩和のため投与される「不文律(第2回参照)」は薬物のようなもので、不調時の一時しのぎだったはずなのに、服用が長期にわたることが多い。

すると、身体が本来持っていた自己回復の機能は退化し、その場しのぎの不文律を注ぎ足してごまかし続けることになってしまいます。

これが高じて「給与体系の抜本的見直し」の問題が発生し、経営者が悩む、というのが現実ではないでしょうか。

会社が社長一人の時代から成長し、社員を雇うと給与の決まりが必要になってきて、徐々に規定っぽいものができあがります。 そして、所定の給与規定に収まらない評価が必要になる場合に、自然発生であてがわれる不文律は、社員の独断ではなかなか行えないので

身体は不調なのに、自分では「正常」と勘違いしているから、「ここが勝負どころ」と頭(事業意思決定)ではわかるが体(社員、組織力)がついていかない状態にもなるわけですが、ここにもどかしさを感じる社長や管理職はきっといるでしょう。

それは必ずしも社員の能力不足や怠慢が原因とは言いきれず、活力の素になる栄養素が摂取されていないことも十分考えられます。

「業務基盤は整えた。指示も間違っていない。なのに、なぜか結果につながらない」

そんな不全感を自覚する方は、自社にあるはずの栄養素が正しく供給されず、栄養素が抜け落ちた「空のカロリー」ばかりを社員に与えている環境のせいかもしれません

(第3回 <給与の栄養素~その効果・効能とは?> 終わり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする