第1回 <昇給のパワーバンド>

私が国家公務員Ⅲ種(今でいう高卒者一般職)で採用されたときの初任給は、忘れもしない113,500円でした。

その後10年ほど継続的に携わった給与業務の中から、制度のことについて語ってみます。
※私の在籍時の記憶で書くため、現在の国家公務員給与制度とは内容が異なりますのであらかじめご承知おきください。

本俸(基本給)は図表1《俸給表》のとおり「職務の級」と「号俸」という階層で構成されます。

houkyuhyou

図表1《俸給表》

「職務の級」というのはある程度役職と連動するので
「1級(ヒラ)」
「2級(主任)」
「3級(係長)」
……「○級(部長)」

などと連想してもらえばよいかもしれません。

私の場合は係員(ヒラ)として1級2号俸から始まり、1年ごとの昇給で1号俸上昇し、数年単位で昇格(1級上昇)していきますが、4級に上がる30歳頃までは係員のままです(図表2《昇給と昇格モデル》参照)

raise-standard

図表2《昇給と昇格モデル》

1回の昇給で上昇する金額にはバラつきがあります。
各級とも低位や高位での昇給は、いずれも上り幅が小さい。

だいたい1号俸や20号俸くらいの低位又は高位号俸での昇給額は、その中間あたりの号俸よりグッと少なくなります

つまり、低位でも高位でもない中間あたりの号俸こそが、昇給におけるパワーバンド

エンジンに例えると、もっとも加速が良い回転域にあたります(図表3《昇給のパワーバンド》参照)

raise-powerband

図表3《昇給のパワーバンド》

号俸が上がりすぎてパワーバンドを外れる前にシフトアップ(昇格)し、常に黄色部分の中にいるようにすると、収入では圧倒的に有利です。

(第1回 <昇給のパワーバンド> 終わり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする