「即戦力」は歯車ってことか?

【症例4】部下が会社を変えてしまいそう (型にはまらない部下タイプ)

(行儀よく真面目な歯車なんて
クソくらえと思った)

私自身の体験です。

民間企業経験がないのに、会計事務所入所2週間でクライアント企業へ「会計のスペシャリスト」というふれこみで単身乗り込んだ元公務員。

企業が求めがちな一般的即戦力をまったく持たず、使ったことも無いデータベースソフト「Access」を武器に、毎日が大混乱の創立1年目ベンチャーの中で暴れまわる私。

クライアントの上司が、そんな荒くれ者を持て余しつつも、結果的に使い回すことに成功した機微の一端が見える話です。

私が会計事務所時代に常駐していたクライアントは、創立1年足らず、正社員4名と派遣社員数名のベンチャー企業でした。 そこへは一応...
一般に、派遣社員の大半は、クライアントのことをほとんど知らないまま着任します。 まずは『即戦力=作業のプロ』と考え、与えられた作業をそ...
作業指示は特に無し。 申し出ればどんな業務もさせてもらえる。 外部スタッフながら、新設ベンチャーならではの環境に置かれた私は...
さて、会計スペシャリストのメッキをかぶっていた当時の私に話を戻します。 メッキのおかげで雑用係からは免れていますが、小さな会社では必然...
初の民間企業体験の中から、データベースにこだわったエピソードをお話ししました。 具体的にDBを使った描写はほとんどありませんが、逆に、...

【データベースのトリセツ 目次】

<部下が手ごわくて困る上司>

 戦場に立とう、部下と共に

引き算で不利条件をつぶせ

BIツール権限を与えるな

パワーユーザーとは

「戦略的パワーユーザー」一覧

<部下が役立たずで困る上司>

部下扱いのセンスは学歴不問

なぜあなたの部下は、要領の悪い質問をしてくるのか?

部下の教育が「とにかく結果を出せ!」だけだった場合

システム化が、上司が嫌われる原因を生み出す

<部下とわかり合いたい上司>

DB活用は文系センス

社内カウンセラーになるためのデータベース活用術

部下の『行動記録』は、上司にわかってほしい『感情記録』

部下のデータを読む訓練のコツ

<部下が型破りで戸惑う上司>

「即戦力」は歯車ってことか?

第1幕:会計事務所からやってきた、会計を知らないスペシャリスト

第2幕:乱世に乗じるスペシャリスト

第3幕:経営者に感情移入するスペシャリスト

第4幕:オールマイティなスペシャリスト

第5幕:殻を破れ!スペシャリスト

<部下の戦略性に戸惑う上司>

ストラテジック・パワーユーザー ~ 戦略家で、且つ戦闘の達人

第1回 まずは定義しないと

第2回 IT技術者じゃなく『ユーザー』だから経験できるダメな感じ

第3回 データベースでホワイト企業を作るなら

第4回 戦略的パワーユーザーは『DBで組織を造る者』

第5回 ストラテジック・パワーユーザー

<悩む上司への1つの処方箋>

パーティーメンバーを魅了する組織理論

給与制度を使うワザ

部下の成長カーブ

評価力は上司力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする