秋山真之が学生に講義した戦略

『秋山真之戦術論集』という書籍があります。
近代の天才的参謀、秋山真之が海軍大学校で講義していた内容をまとめたものです。

もはや書店で見ることもなくなりましたが、私が購入したころはミリタリー本の棚に置かれているのを見たことがあります。
残念ながら「ビジネス」には分類されないようです。個人的にはしても良いと思うのですが。

この本には、歴史に名高い「聯合艦隊解散之辞(連合艦隊解散の辞)」が全文掲載されています。
日露戦争当時のアメリカ大統領が感銘を受け、自国の軍に英訳文を配布したという名文です。

この「解散の辞」は比較的スラスラと読み下せますので、フムフムと読んでいて思うのは、誰もが知っている定理でありながら、日常は観念的にしか考えたりしゃべったりできないことを、論理的かつ簡潔な一言で言い表す才能です。

名文というのは大上段に構えて難しいことや深いことを記したものではなく、読ませた内容を「自分が主体的に理解した」と読み手に思わせるような文章のことではないかと思えてきます。

とはいえこの本は、大半が文語文(学校で古文の時間に習うようなもの)で書かれており、非常にとっつきにくいのと、分厚くて持ち運びには不便であり、おまけに結構金額も張るので、読みこなす自信がない限り、気軽に買える本ではありません。

ただし、小説『坂の上の雲』やスーパーファミコンの『アースライト』で何度も目にする、「巡洋艦」や「駆逐艦」などの定義があいまいで、調べたいけどウィキペディアであまり詳細に書いてあるとそれも理解しづらい、という人にとっては、大は「戦艦」、小は「水雷艇」まで、明治の頃のシンプルな定義で簡潔に説明されていて興味深く読めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする