「判断」と「作業」は別担当

さて、『秋山真之戦術論集』、もう少し掘り起こしてみたいと思います。

戦闘力を構成する4つの力のうちの4番目、「通信力」についてです。
通信力の比重は戦闘力の中でも最も低く、秋山真之の差配では「1」としてあります。

通信力を構成する『機力』として、信号機、無線電信機、艦内通信機が挙げられ、『術力』としては信号術、電信術、その他通信技術となっています。

信号機は目視範囲内の他艦との通信用機器として使われます。

無線電信機は目視範囲の内/外を問わない通信用機器で、同じ海域内にいる味方への通信のほか「秋山真之の出撃電文」でも書いたように、対馬海峡から遠く離れた東京への通信にも使われました。

艦内通信機は読んで字のごとく、自艦の内部にいる乗組員への通信用で、日露戦争当時には「伝声管」といったものが使われていたようです。

通信力について秋山真之は、「通信力が戦闘力の価値第4位にあるのは効能が低いからということではなく、(当時の)戦闘自体がおおむね人間の視界内で行われるため、人工機関に頼ることが他の力に比べて少ないからである」と言っています。

ということは、機力と術力の積を戦闘力とする秋山式の戦術計算でいえば、被乗数(機力)が小さいということで、乗算の積としては他の3要素に比べて小さくならざるを得ず、だから「価値4位」としているようです。

しかし、通信機関の品質については大変厳しく、「艦内通信、艦外通信の別を問わず、確実にして且つ迅速なるものを要す」とし、確実だが遅いとか、早いけれど不確実な通信機は認めていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする