(7)年寄りは創造性が無くなるリスクが高いが、確定ではない理由

CD(コストダウン)は確かに出ていくカネを抑える。
しかし、金は使わないが頭も使わないことが多い。

わざわざコストをかけるような新たな試みの討議には、発想力や想像力などの創造性が必要です。

これは、繰り返す日常性に身も心も浸りきった人間には厳しいことです。

一方、これまでにない新提案のコンセプトをわざわざ既定のフレームワークに押し込んで「ここが合わない」「あそこがはみ出す」などともっともらしく批評するのは得意中の得意です。

完全に私の私見ですが、このような創造性の減退は加齢が原因と言うより、「そういった環境で過ごした時間と濃度」が原因だと思います。

頭脳や感性が沸き立つような現場を20年以上渡り歩いた40代のベテランが、旧態依然とした組織で同じことを繰り返す日常に馴れきった30代とは比べ物にならぬ創造性を発揮するケースは、私自身が目の当たりにしてきたし、同様なベテランに何人も接してきました。

同じ環境で過ごす期間が長いのは、若者よりも高年齢者が多いのが普通だから、創造性の減退と年齢が正比例するのがセオリーのように思われがちですが、私自身はこの考え方には否定的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする