パワーユーザー

この言葉に出会ったのは2010年の春ごろ。BIツールの記事でも書きましたが、当時の勤め先の基幹システム入れ替えの頃です。システム会社のエンジニアから聞きました。

パワーユーザーとは一般的に、パソコンに詳しいユーザーということらしい。

パソコンを自作可能など「ハード面に強い人」とか、特定のアプリケーションに精通しているなど「ソフト面に強い人」を指すようです。

上記2タイプ以外にもう1つ定義があるらしく、「ハード面」「ソフト面」といった区別なしに、実務効率化のためにパソコンを使い倒す一般ユーザーというのもパワーユーザーだということでした。

この最後の定義は、そのエンジニアが私を指して言ったものです。

つまり、別にシステム担当とかじゃないけれど、欲しいデータを基幹システムから引っ張り出してしまうとか、プログラムを書いて簡易システム程度なら自作してしまうような人のことです。

しかし当時の私はプログラムなど全く書けなかったので、簡易システムはシステム室に頼んで作ってもらったものです。それからハード面に関していえば、パソコン設定などはいまだに大の苦手です。

ということは、専門家からパワーユーザーと誤解されるほどデータベースを駆使できるヤツが、必ずしもパソコンに精通しているとは限らないということです。
エンジニアとの良好な関係性を築き、要件を的確に提示できるならば、それも立派なIT技術だと思うのですがいかがでしょうか。

私が理想とする素人のIT技術とは「システムが希望どおりに動くよう、エンジニアに要求できる技術」です。

システムを使う一般ユーザーが持つ事業ラインの実務能力と、ITシステムの専門家であるエンジニアの技術能力をアセンブリする能力といえますが、パワーユーザーはこのアセンブリにとても近い存在のように思っています。

しかし、一般的にパワーユーザーという人種は、その能力を理解されづらいのが最大の特徴です。
パワーユーザー本人ですら、自分の立ち位置を正確に捉えている人はまずいません。

一般的には、ほとんどが次のようなケースになっていると思うので、実例をひとつお話します。