岩手県株式会社の【法人】鑑定を終えて

岩手県株式会社の鑑定編も、ようやく終わりました。
鑑定の様子を知りたい方はこちら
『ビールの指輪』だの『スタビライザー』だの、具体名の多い回でした。
前3回とは異なり、面接室を出るところで終了しなかった話です。
一応のけじめをつけるために、鑑定後の動きまでを追ってみました。

この話も前回の青森県株式会社と同じく、書き始めてから大幅な変更が生じました。
「ノウハウをWEBで無料公開」というのが当初考えていた解決法だったのですが、小説の中でも否定したように、それだと解決時期が読めなくなるうえ、ひやかしの問いあわせや技術相談が次々と舞い込み、岩手社のわずらわしさを増加させ、逆効果になります。

短期決戦でカタをつけるには、やはり権威ある存在からのキツイ一喝を、元受であるビア社に喰らわすのが良いと考え、マスコミの活用を発想したところ、エレクトロニクスの第一人者というオマケまでついてきました。

「何もそこまでやらなくても、『大量生産には応じられない』と主張してさっさと断ればよかったのじゃないか?」とも考えましたが、今回はその、「断って解放されるまでの動き」に焦点を当てた話にしたかったのです(岩手社は自分からは断らず、相手の手を火傷させて放させましたが)。

「この仕事、これ以上自社では受けられない」という事態に接したとき、社長の責任感が強ければ強いほど、その決断にはためらいも生じるでしょうし、いざ心情を吐露してからの交渉やら社内への説明やら、仕事を断ったことによる業績のインパクトやらが十重二十重に心を取り囲んで、責め苦に遭うことでしょう。
岩手社の社長自身がそんなに悩んでいたわけではないのですが、それを傍目で見ている主人公が感情移入する形で表現してみました。

無名だった会社が急激に成長したとき、立ち上げ当初から付き合ってくれている地元の小さな協力会社のキャパシティでは対応しきれなくなり、パンクしてダメージを受けることは実際にある話です。
「そんなに成長できてうらやましい」と感じるかもしれませんが、その渦中にいる当事者たちにとってはたまったものではありません。

このときに、「自社ではもう無理だから、この仕事から足を洗おう」と考えるか「このニーズに応えられる新体制を組んで、大いに事業を伸ばそう」と考えるかは、社長のタイプにもよるでしょう。

今回の話で、岩手社が早々に仕事を手放せば、『ビールの指輪』というコンセプトは市場から消えてしまったと思います。

逆に「このチャンスに事業拡大を狙おう」と、効率重視の作戦展開をするタイプなら、プロジェクトを企画して外注や増員など「経営」で何とか対処しようとして、それはそれはストレスフルな職場環境を創造したことと思います。
上手くいけば『一将功なりて万骨枯る』的な成功をおさめ、逆の場合は多くの関係者たちを路頭に迷わす羽目になったかもしれません。

岩手社は、ビア社の無理難題に、ただひたすら繰り返す作業で対応しようとした初動の遅れが、事態の収束に役立った形になりました。

逆の例として、無理難題を受け入れて実績を上げる戦略は、ある意味丁半バクチみたいなもので、片側に転べば1人の勝者と累々たる屍ができ、もう片側に転べば全員屍になるという結果が予想されます(もちろん、そんなネガティブな形ばかりではなく、事業拡大を図った結果、皆が幸せになる形が無いとは言いませんが、この話に限って言えば、ビア社と仲良く肩を組む気にはなれませんでした)。

無理難題を受け入れず、全体的な調和を保つ戦略を採った場合、無理な背伸びによる組織の疲弊から身を守ることができます。
その結果、鳴かず飛ばずで終わってしまうかもしれませんが、協力してくれた人たちを惨憺たる形で犠牲にすることは回避できるかもしれません。

とはいえ、経営に100%の正解はありませんので、やはり『行くときはガツンと行く』という思い切りが必要です。
結局のところ、トップがどう判断するかということと、その判断にどれだけの人々がついてきてくれるかでしょうから、攻め重視か守り重視かということより、何人の人生を背負っているかという自覚によって、社長の判断は為されるのかもしれません。

いずれにせよ、小規模企業がブレイクし始めてから、理想的な社内体制を短期間に構築するのはまず不可能でしょうし、その逆に、現在ヒットの兆しがまったく無いのに社内体制構築などを真剣に考えることもしないでしょうから、そこは据え置いたまま育っていくのが一般的な企業の姿だと思います。

つまり、業務オペレーションにおける企業体質は、草創期に、社長の性質によって原型が決まり、規模が大きくなるにつれ、その骨格に合わせて自然と形成されてしまうので、システム導入を行うなら体格に合わせたオーダーメイドにするか、既製品に合わせて徹底的な肉体改造を行ってしまうかのどちらかでしょう。

今回の話に出てきたような、今の見てくれに合わせた装飾品のような基幹システムのパッケージを「将来役立つはずです」と勧めてくるような誘いに乗るのは良くないでしょう。
将来は将来の姿に変わっているので、装飾品ならその時の一瞬のトレンドに絞るべきで、今お金を出すことではありません。

どうやらこれは、岩手社では息子たちの役目になりそうです。
2代目、期待していますので頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です