<第6回>秋山真之の出撃電文

前回、『秋山真之戦術論集』を元に戦略の姿を表現しようとしたら、書評のようになってしまいました。
だから、今回は戦略を「潜在的存在」、戦術を「顕在的存在」という分け方にして進めようと思っています。

ちなみに、私はミリタリー愛好家ではないので、軍事についての深掘りはせず、あくまでもビジネスのほうへ話を寄せていきますのでそのつもりでお付き合いください。

秋山真之といえば、日本海海戦での出撃の際に、東京の大本営に向けて発信した電文の起草者としても有名です。

「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」
というアレです。私は見ていませんが、たぶんNHKの大河ドラマの中でも出てきたと思います。

この電文の最後に付け加えられた「本日天気晴朗ナレドモ~」の一文が色々と取り沙汰されているのは、当時も今も変わらないようです。

「意味のない装飾用の美文で、国運をかけた出撃連絡には不要(何カッコつけてるんだ)」とこき下ろす人もいれば、「あれは軍令部に現場の状況を伝えるために必要最小限で済ませた名文だ」という人もいます。

日露戦争が文明開化初期の小国日本にとって、一世一代の大勝負であったことも、この一文がドラマ性を持ってしまった要因でしょう。

おまけに日本海海戦は、陸戦でつかなかったこの戦争の決着をつける劇的な役割も担わされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です