<第4回>称賛されないヒーロー

そのうち書いてみたい小説

電車のつり革をつかんで、座席に腰かけている人の顔を見ると、その人が降りる駅が見える能力を手に入れたサラリーマンの話。

ある朝、いつものように電車乗りこんでつり革につかまると、駅名が見えない客が大勢いる。

どこかの駅を過ぎた後、事故や地震により駅と駅の中間で停止し、ニュースでたまに見るみたいに、駅員の誘導でゾロゾロと線路沿いを歩くことになるのか?
あるいは・・
駅名が見えない客は、全員事故で死んでしまうのか?
自分自身はどうなる?

理解者ゼロの中、『そのとき』までに原因を突き止めて危険を回避しようと、手掛かりを求めて呻吟する孤独なヒーロー(?)

面白そうだけど、書くのにかなり疲れそう。
いや、書くことよりも疲れそうなのは、短時間の猛烈な活躍によって、わずかなダイヤの乱れくらいで済んでしまったため、普段とさして変わらぬ時刻に駅へ到着し、ヘトヘトな状態でスタートする会社での1日にうんざりする主人公に思いを馳せた時かもしれない・・

残念ながら、データベースから『兆し』を読み取ったとき、これと似た状況に陥ります。
まだ現実のことになっていない。
計算で出そうとすると沢山の可能性の中のひとつになり、議論の結果「不採用」になることがある。
でも『これ以外にない』としか言いようがないくらい、まぎれのない直観。

この『兆し』を感じたのが下っ端社員だったら、まさに上の小説のごとく、理解者も協力者もなく、成し遂げても認めてはもらえない。
仮説を活用するフレームワークがあって、日の目を見る土壌が出来上がっていれば違っていたのだろうけれど・・。

だから、経営者にわかってほしいことだと思っていましたが、今は【法人】に呼び掛けています。
戦略を目的にデータベース技術を使いこなす人材(戦略的パワーユーザー)を育てましょう、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です