<第4回>称賛されないヒーロー

そのうち書いてみたい小説

電車のつり革をつかんで、座席に腰かけている人の顔を見ると、その人が降りる駅が見える能力を手に入れたサラリーマンの話。

ある朝、いつものように電車乗りこんでつり革につかまる。
一番近い駅で降りる乗客の前に立って、早く座ろうとするが、今日はなぜか、駅名が見えない客が大勢いる。

どこかの駅を過ぎた後、事故や地震により駅と駅の中間で停止してしまうのか?
あるいは・・
駅名が見えない客は、全員事故で死んでしまうのか?
自分自身はどうなる?

理解者ゼロの中、『そのとき』までに原因を突き止めて危険を回避しようと、手掛かりを求めて呻吟する孤独なヒーロー(?)

面白そうだけど、書くのにかなり疲れそう。

いや、書くことよりも疲れそうなのは、主人公の活躍によって事態が回避され、普段どおりの時刻に駅へ到着してしまうこと。
短い時間で頭脳をフル回転させ、ヘトヘトな状態でスタートする会社で、誰にも功績を誇れないまま1日を過ごす主人公に思いを馳せた時かもしれない……

残念ながら、データベースから『兆し』を読み取ったとき、これと似た状況に陥ります。

まだ現実のことになっていない。
計算で出そうとすると沢山の可能性の中のひとつになり、せっかくの案が「不採用」になることがある。
でも『これ以外にない』としか言いようがないくらい、まぎれのない直観。

この『兆し』を感じたのが下っ端社員だったら、まさに上の小説のごとく、理解者も協力者もなく、成し遂げても認めてはもらえない。
仮説を活用するフレームワークがあって、日の目を見る土壌が出来上がっていれば違っていたのだろうけれど……

だから、経営者にこそわかってほしいことだと思っています。
戦略を目的にデータベース技術を使いこなす人材(戦略的パワーユーザー)を育てましょう、と。

<第3回>地味なリアリティ(2)

職場でしている日常動作が「特撮由来」だとバレなければ、周囲から一目置かれる存在になれるという話を前回は書きました。

もともとドラマの中でも、クレバーでクールな登場人物を表現するアクションだと思うので、そのマネが板についてくると、職場での実務の慣れに応じて演出効果も高まってきます。

端的に言えば、慣れた動作にカッコイイ演出が加わるので、良いふうに誤解してくれる周囲の人たちからの高い評価を受けやすくなり、ポジションアップなどの結果につながることが期待できるというものでした。

非常に短絡的で、俗な話です。
でも、世間は意外にベタな演出が効き、職場もその例外ではありません。
平成仮面ライダーを幻想として見下すことは損です。現実の役に立ちます。
興味がなければ無視すればよいだけです。

<第2回>地味なリアリティ(1)

大人になってしまうと、体面を気にして大っぴらに言えないことって、色々あると思います。

「いい年齢して何言ってるんだ」と思われてしまうこととか、男性の場合は「かわいい」なんて言われたら照れくさくなることなんかも、人前では言いづらかったりします。

「特撮ヒーローが好き」というのも、やはり大人になってからは言いづらいことのひとつだと思います。

子供向けの番組だから、それを好きになる大人は幼稚という解釈が根底にあるのでしょうか。どうも特撮好きは一般的な大人の世界では旗色が良くないようです。

北海道株式会社の【法人】鑑定を終えて<2>

話を小説に戻します。

北海道社は業務マニュアルがしっかり整っているので、受けた仕事をこなしていくのに適した「指示待ちタイプ」にとって働きやすい環境です。

だから、社内報の創刊委員に抜擢されて戸惑う人も多いかもしれませんが、私がいた会社と違って社長と社員の距離が近く、「どういう内容のものを目指せばよいか?」について、直接語り合う場も作れるでしょう。

指示待ちタイプの人は、先が見えないことに対して警戒心が強いが、最終形が明快になると、持ち前の高い適応能力を発揮して、組織的に機能するようになります。

やがて、企画にコミットするようになり、彼らの中に「企画業務」に長けたキャラクターが育つことがあります。

たぶん、これまでの日常業務を10年やっても身につかなかったであろう能力を、早い場合には数か月で会得します。

社内報企画では社内向けの企画力が養成されますが、本来企画能力に内も外も関係ないでしょうから、養った実力をもって外部に働きかけていく社員も出てくるでしょう。

北海道株式会社の【法人】鑑定を終えて<1>

小説サイトのほうが、ようやく一段落しました。
こちらに掲載しています
前回の反省にもかかわらず、小説はより長くなってしまい、脱稿に苦しむことになりました。

それというのも、「【法人】の手相」に加え、今回からは「【法人】の記憶(データベース)」という要素を加えたからです。
今後はこのふたつを状況に応じて使い分ける形で進みます。

さて、『北海道株式会社』。
「大卒社員の採用にこだわる中卒の社長」というトピックで、その秘密を解き明かしていくストーリーになりました。